スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
春はやっぱり悲しい。
気づいたらもう4月も半ばなんですが・・・
いろいろありました。



先月29日のこと。


私の祖父が天国に召されました。
去年9月。
私の実家へ遊びにきたおじいちゃん。
その時にとろさんをとっても可愛がってくれたおじいちゃん。


91歳でした。

私の父の命日と二日違い。
桜がきれいに咲きだすこの季節。
4年前に私の父が亡くなった季節と同じ。


春は・・・一番好きな季節でしたが
あの日以来私にとってはとても悲しい季節。
そしてまた同じ時期に深い悲しみ・・・


父が亡くなった時。
娘である母と、孫である私たち姉妹を心配して
「皆さん、女ばかりになってしまいましたがどうか助けてやって下さい」
と、言ってくれたおじいちゃんの言葉。

その時にももう高齢だったおじいちゃん。
いくつになっても娘(母)のことを心配してるんだな・・・と。
今でもその言葉忘れられません。

生前、母によくこう言っていたらしいです。

「犬が飼いたいな~」と。


とろに会わせたとき、
「かわいいなぁ~」って顔が緩んだおじいちゃん。
とってもうれしそうでした。

とろさん、少しはおじいちゃんに幸せな時間を
与えられたのかな・・・。

何もできなかった孫だけど・・・


おじいちゃん、ありがとう。
たくさんたくさんありがとう。
また会おうね。


このとき(去年9月)の笑顔、大好きな一枚です。
P1050110_convert_20080928011051.jpg<

スポンサーサイト
【2009/04/16 23:06 】
未分類
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。